歯科医のまたーりぶろぐ

歯科医、たまにはまったり行きましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

追い込まれ「辺野古」、強まる沖縄の反発(読売新聞)

 沖縄県の米軍普天間飛行場移設問題で、鳩山首相は23日の沖縄再訪問で、移設先を同県名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ沿岸部とする考えをやっと表明した。

 自ら期限に設定した今月末を控え、さすがに言及を避けるわけにはいかなかったためだが、迷走の末の現行計画回帰に沖縄の反発は強まるばかりだ。 

 ◆紙を読み上げ◆

 「鳩山は沖縄から出て行け」

 県庁を取り囲む県内移設反対派のシュプレヒコールが響く中、首相は23日午前、6階の知事応接室で仲井真弘多知事と向き合った。

 首相は丸めたA4判数枚の紙を、硬い表情のまま伏し目がちに読み上げながら、「辺野古」への移設を表明。「なぜ県内なのだ、という皆様のお怒りはごもっともだ」と釈明して陳謝した。

 昨年9月の政権交代から8か月余。迷走に迷走を続けた末、首相は、日米が2006年に合意した現行計画にほぼ戻らざるをえない、とついに認めた。

 「最低でも県外移設」と繰り返してきた首相が「辺野古」と明言すれば、沖縄の怒りに油を注ぐのは明白だった。だが、移設先となる地元への説明を避けて通るわけにはいかず、苦渋の決断を迫られた。

 首相は前日の午後、首相公邸に平野官房長官、松野頼久官房副長官らを呼び、2時間半余り「勉強会」を開いた。

 普段はめったに用意しない発言要領を作り、「辺野古」と言及することを決めたという。「言葉の軽さ」が批判の的となっている首相も、さすがに今回の“全面転換”は責任が重いと感じ取ったようだ。

 23日の知事との会談の直前も、首相は、読み上げる紙を知事らに別室で見せ、「こういう話をしますから」と理解を求めた。

 それでも、首相は一連の会談で「最低でも県外」と繰り返してきた自らの発言について、「できる限り県外」「最低でも県外にという努力をしたい」と言った、などと微妙に修正し続けた。県関係者からは「どこまで発言を重く受け止めているのか」と疑問視する声が上がった。

 ◆米国は甘くない◆

 首相が成果として強調したのは、基地機能の県外への分散移転など、沖縄の負担軽減への取り組みだ。首相は知事との会談で、米軍嘉手納基地(沖縄県嘉手納町など)以南の米軍施設区域の返還促進、航空機の騒音軽減など4項目を挙げた。いずれも知事が要望したものだ。首相はこの日、「積極的に米に交渉を挑んでいる」「米国との最終交渉で勝ち取る」などと各所で力を込めた。

 ただ、4項目の実現にも確たる見通しがあるわけではない。「航空機の騒音軽減」と一口にいっても、過去に嘉手納基地で実現したのは航空機の訓練移転で、「実際には別の基地から新たに航空機が飛来して、騒音軽減につながらなかった」(嘉手納町関係者)との指摘もあり、容易ではない。

 日米外交筋は23日、「首相らは負担軽減と簡単に言うが、米国は甘くない。どこまで中身を取れるかは疑問だ」と今後への懸念を漏らした。内閣支持率は、普天間問題の混迷もあって低下する一方だ。参院選を前に民主党内の危機感も頂点に達しつつある。民主党のある中堅議員はこう訴えた。

 「普天間問題では、もう無理に自民党政権との違いを打ち出さない方がいい。争点から外して別のことにエネルギーを注ぐべきだ」

 (政治部 東武雄、杉田義文、那覇支局 松浦篤)

<平塚タクシー強殺>駅乗車の客が事件に関与疑い(毎日新聞)
殺処分、埋める場所ない…ワクチンは時間稼ぎ(読売新聞)
山陽新幹線、停電でストップ=JR西(時事通信)
少子化問題、結婚取り巻く環境変わった 佐藤博樹・東大教授(産経新聞)
沖縄近海震源の地震、北大東村で震度4(読売新聞)
スポンサーサイト
  1. 2010/05/27(木) 11:21:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

校庭バスケ「うるせえ」、車で追い回し高校生2人暴行 傷害容疑で会社員逮捕(産経新聞)

 男子高校生らを車で追い回して側溝に転落させたり殴ったりしてけがをさせたとして、静岡県警富士署は16日、傷害の疑いで、同県富士市宮下、会社員、村松利哉容疑者(36)を逮捕した。

 逮捕容疑は、昨年12月23日午後5時半過ぎ、同市の路上で男子高校生=当時(17)=が乗った自転車に乗用車を幅寄せして側溝に転落させたほか、別の男子生徒=同=に殴る蹴るの暴行を加え、腰や顔にけがをさせたとしている。

 同署によると、男子生徒らが村松容疑者の自宅近くの同市立富士南中学の校庭でバスケットボールをしていたところ、村松容疑者が「うるせえからやめろ」と怒鳴りつけた。男子生徒らが自転車で逃げると、乗用車で学校の外周など約1キロにわたって追い回し、暴行に及んだという。また、村松容疑者は暴行後、生徒らに「やくざもんなめんなよ」などと脅していた。

 同署によると、村松容疑者は以前から数回にわたり中学校に「体育の授業で生徒の声がうるさい」と苦情を申し入れていたという。

 村松容疑者は「車で追いかけたが、暴行は覚えていない」と容疑を一部否認している。

【関連記事】
「何みてんだよ」と因縁 春日部で路上強盗
「降りるバス停で止まらなかった」運転手を殴った容疑で男逮捕
“女タイソン”耳かみ切る…「デブ」と言われ逆上 米国
「お前を殺しておれも死ぬ」交際女性に暴行 男を逮捕
「クレイジーなことをやろう」警官に生卵投げた少年ら逮捕

<津波ハザードマップ>沿岸自治体の半数、未策定(毎日新聞)
バラとガーデニングショウ 100万輪 西武ドームで開幕(毎日新聞)
<日本航空>操縦士が証明書忘れ、1便欠航(毎日新聞)
<京都夫婦殺害>失跡の娘巡り口論 容疑の娘婿逮捕(毎日新聞)
トラックと後続車にはねられ、54歳女性死亡(読売新聞)
  1. 2010/05/18(火) 15:43:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

<訃報>平野勇夫さん85歳=元毎日新聞取締役編集主幹(毎日新聞)

 平野勇夫さん85歳(ひらの・いさお=元毎日新聞取締役編集主幹兼東京本社編集局長)5日、前立腺がんのため死去。葬儀は近親者のみで行う。喪主は妻輝子(てるこ)さん。

ひこにゃん 商標使用は有料に…彦根市の人気キャラ(毎日新聞)
TBS社員装い20万円詐取=容疑の41歳男逮捕-警視庁(時事通信)
「医師不足知り…」着任直前、無免許ばれ女逮捕(読売新聞)
豊川一家殺傷 父の給料管理は容疑者の自立目的(毎日新聞)
新たに12農場で口蹄疫疑い=宮崎(時事通信)
  1. 2010/05/11(火) 01:23:35|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。